PNFについて

PNF

PNFは固有受容性促通法と訳されます。PNFは後にカイザー基金リハビリテーションセンターと改名されたカバット-カイザー研究所で1946年~1951年にかけて5年以上の月日をかけて開発つされました。これは医学博士であり臨床神経生理学者でもあったハーマンカバットと理学療法士マーガレット”マギー”ノットによる業績です。            開発当初から、PNFはその当時の多くの神経リハビリテーションに関する考えを見事に統合してきました。その理念と基本原則、さらに特異的な螺旋的対角線パターンが伴なって、PNFの礎を築いています。PNFはさらに、運動学習と具体的な要求に対する反復練習により新たに学習された活動を機能的に維持することや;患者が効率的で機能的な運動戦略を構築したり再構築したりできるようにさせるために運動行動の発達段階モデルを用いたり;生体力学的な運動制御の行動分析をすることなども行います。PNFによる介入のすべての活動は機能的な目標と達成するべきその目標に関わる環境に関連しています。”IPNFAホームページより”                               

PNFはトレーニング理論として非常に優れており、様々な受容器を刺激することで神経筋を促通、そして過負荷の原則を徒手的に実現し身体の安定性を改善させます。また、特異性の原則である対象者の目的に合わせたプログラムを立案するために、現代の運動制御論であるシステム論を尊重し、環境と適応可能な生活改善を目指します。 セラピストの手で丁寧に目的に合わせた抵抗を提供するため、超高齢者/中枢性麻痺患者~整形/スポーツ障害までを対象にすることが可能です。        

コメント

タイトルとURLをコピーしました